2011年8月10日 (水)

”星を継ぐもの”を継ぐもの?

20110810 宗像教授シリーズの作者、星野之宣氏の「星を継ぐもの」の第1巻を購入しました。

「星を継ぐもの」はジェイムズ P.ホーガン原作のSF小説で、続編には「ガニメデの優しい巨人」ほか4編があり、最後の1編は未翻訳のままです。

星野之宣氏はこれを(大幅に)アレンジして漫画化を行っており、原作を読んだ人間にとってはある意味もの足り無さや不満を感じるところが多いです。

ただ、その分、原作よりも物語の展開が早く、漫画としては間延びのしないものになっています。

このことについてはネットでも賛否両論がありますが、僕は原作は原作、アレンジはアレンジとして楽しんでいます。

僕の大好きなスタートレックでも良くあることですが、原作の世界観を利用して、新たな小説が書かれることも多いですし、時には一度亡くなった主人公を、合理的に復活させたりすることもあるほどです。

そして、最新のスタートレック映画では、原作の主人公を登場させてはいますが、過去の物語まで全てリセットされたものとなっています。

それからすると、この漫画の「星を継ぐもの」はジェイムズ P.ホーガンの世界観とアイデアを借りて星野之宣氏が新しく作り出した物語と言えるのではないでしょうか。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2010年1月11日 (月)

やっとのことでホームページ更新

Munakata2  地図データとか星座の資料とか古代史の本とかを読みながら、”宗像教授考察録”のホームページをどう更新しようかといろいろと考えていました。とりあえずの用語解説「オリオンとプレアデス」の更新はスンナリ作成できましたが、その次がいけませんでした。

 宗像教授の行動を日本地図の上にプロットしていけば良いと単純に考えていたのですが、架空の場所も多く、その同定に苦慮してしまい、なかなか前に進みません。ということで、今回は”宗像教授行動マップ”の掲載は断念しました。まぁ、これも宗像教授シリーズを読み解く楽しみと思い、少しずつでも用意を調えてアップしていこうと思います。

 残りの2つのホームページ…「Star Trek SECTOR 083」も「赤提灯どぶいた」もホームページ更新用のネタの用意はできていますが、いまひとつ手間をかけかねているのが現状です。うーん、もう少し時間が取れればなぁ…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月10日 (日)

宗像教授シリーズのホームページ

Munakata  星野之宣氏の”宗像教授シリーズ”に嵌って立ち上げたホームページ”宗像教授考察録”ですが、最近は動きが少々滞っていましたが、この3連休で何とか更新したいと思って資料の整理をしています。改めて”宗像教授伝奇考”の第1巻から読み直してみて、やはりとても奥の深いシリーズだと実感しました。

 確かに奥の深いことも”実感”はしましたが、僕自身にそれを表現する能力に欠けていることも”実感”しています。”宗像教授シリーズ”や考古学・民俗学関連の資料を読みながら、どう表現して良いのやらと悩みますね。それでも、一度始めたことは、自分が全くできなくなるまでは止めない…そして諦めない…これを基本にやりたいといつも思いまし、たかがホームページ、されどホームページだなぁ、と思っています。

 まぁ、いろいろと書いても、言っても、それは自分で始めたことです。するもしないも自分自身のことですね。そう言いながら、ホームページ開設7000を超える…それが多い少ない葉別にしても…アクセスを貰うと”誰かが見ていてくれる”という想いと”こんな考え方もあるから見てくれ”という想いで次もまた書こうという気になります。

 もっといろいろな形に発展させていきたいなぁ…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月 8日 (火)

宗像教授考察録

 ブログの更新もままならないのに、また新しいホームページを作ってしまいました。漫画家の星野之宣先生はデビュー当時からのファンでズーッと嵌っていました。当初のSFものの時代から最近の伝奇ロマンに至るまでほぼ読み通していると思います。

 その中でも伝奇ロマンである「宗像教授シリーズ」は、古代史好きの僕としては、その内容から、完全に嵌り込んでしまいました。

 宗像教授は、名前は伝奇(ただくす)と言い、東亜文化大学の民俗学の教授で、口ひげを蓄え、坊主頭に山高帽を被り、黒いマントを羽織って、杖をもった独特の風貌で登場します。元々の研究テーマは”鉄”で、その研究の切り口が神話や伝説と言ったユニークなものであるため、大学内でも異端視されていますが、(物語の上では)実際にそれが解明されたり、解決されたりするため、多くの賛同者が居ることも事実です。

 今回、この「宗像教授シリーズ」の『宗像教授伝奇考 第1集~第6集+特別版(潮出版社)』『宗像教授異考録 第一集~第五集[連載中](小学館)』『神南火(小学館)』そして『NHKスペシャル文明の道(2)クビライ(日本放送出版協会)』の4つについて調査・研究を試みたホームページを作成しました。
ホームページ名は”宗像教授考察録”でURLはhttp://www.dobuita.org/です。

 実際には、上の4つのうちで3番目の『神南火』には宗像教授自身は登場しませんが『異考録』に登場する忌部神奈が主人公なので、調査対象としました。また、4番目の『クビライ』では宗像教授自身はガイド役ではあるのですが、宗像教授の原点である”鉄”へのこだわりもあったので、やっぱり加えてしまいました。

 まだまだ始めたばかりで内容は乏しいですが、興味のある方は、一度訪問していただけると嬉しいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)