2011年12月 9日 (金)

翻訳発注に失敗しないポイント(4)

翻訳発注に失敗しないポイントの第四は”スケジュール(翻訳結果の納期など)をよく打ち合わせしておく”ことだそうです。

納期に余裕があるというのは、翻訳会社との価格交渉の好材料であるばかりか、翻訳の仕上がりにも大きな影響を与えますね。

つまり、期日に余裕があればその翻訳会社でも経験の豊富な翻訳者に担当してもらえる可能性が高いということになります。

たとえ納期がタイトであっても、前もって予定を伝えておくことで、その翻訳会社の人気翻訳者などの予定を押さえることが可能となることもあるようです。

これは、また後の話になりますが、納品された翻訳に十分満足した場合は、次回も同じ翻訳者に担当してもらいたい旨を、翻訳会社の担当者に伝えておくと良いそうです。

どんな時にでも「余裕を持って!」というのは大事ですね。

009kurushimi 今回は1月中旬までに完成すれば良いのでやや時間に余裕はありますが、やっぱり僕の一番苦手とする部分だなぁ…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年12月 8日 (木)

翻訳発注に失敗しないポイント(3)

翻訳発注に失敗しないポイントの第三は”実績・トライアル翻訳(試訳)を活用する”ということだそうです。

翻訳会社検索などを利用して、信頼できそうな翻訳会社がいくつかみつかったら、遠慮せずに、その分野の実績や経験を詳しく尋ねてみることが必要とのことです。

責任ある翻訳会社は安易な納期約束や専門外の仕事を引き受けたりはしないようです。

実績などを比較検討しても判断がつかない場合は、トライアル翻訳(試訳)が可能か尋ねてみてください。

翻訳の量(ボリューム)や継続性などによっては、無料でトライアル翻訳を受け付けている会社もあります。

翻訳会社に限らずですが、何らかでどこかの会社を選ばなければいけない時には、その会社の実績などを調べることはとても大切なことですね。

002kiduki あっ、僕の場合、原文が1000文字前後なので、トライアル翻訳だけで済ませてしまう、なんてのはやっぱり虫が良すぎるかなぁ…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年12月 7日 (水)

翻訳発注に失敗しないポイント(2)

「翻訳発注に失敗しないポイント」の第二は”希望の文体・訳調を伝える”ということだそうです。

文体を伝えることで文章全体が自分が必要とする表現になってきます。

005suki001_desu ここで言う文体は「だ・である調」のような”常体”、「です・ます調」のような”敬体”など、文章の様式としての文体のことです。

研究論文の概要の場合、やはり”常体”である「だ・である調」が適していると思いますね。

同じように、どんな翻訳調が良いかについても詳しく伝える必要があります。

翻訳調というのは、全体の雰囲気ですね。

「格調高く」とか「平易な表現で」とか「簡潔な表現で」とかですね。

僕の場合は、概要ですので、やや「簡潔な表現で」というところでしょうね。

それから、同じ英訳でも「米国式」に訳すか「英国式」に訳すかで、単語の綴りも違ってきます。

僕のは、たぶん「米国式」で良いと思います。

これら通常はあまり料金には関係ありませんが、希望を伝えることでより満足のいく納品(翻訳結果)を受けることができるそうです。

これらのことを伝えないと翻訳会社は憶測で判断してしまうこともあるそうです。

それと憶測で無難な(情報のみ伝える無味乾燥な)訳出をしてしまう可能性もあるようです。

しっかりした翻訳会社は、スタイルガイドで表現のルールを決定しプロジェクトを進めていくそうです。

ここで言うスタイルガイドとは、訳文を記述する際の表示上の約束事で、例えば送り仮名(例:申し込む、申込む)やカタカナ連語(例:セキュリティチェック、セキュリティ・チェック)などのルールが詳細に決められているのだそうです。

うーん、結構安易に考えていたけど、翻訳ひとつを頼むのにも、事細かく考えないといけないようですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年12月 6日 (火)

翻訳発注に失敗しないポイント(1)

「翻訳発注に失敗しないポイント」などというとんでもない題名ですが、これは、まだ発注未経験の僕が言っているのではなく、ある翻訳会社のサイトに載っていたことを僕なりに理解したものです。

それを自分の例に則って書いていきます。

001gimon_english まず、第一が”分野・仕上がりレベル・緊急度・ボリュームを伝える”ことだそうです。
翻訳料金が決定される時には大きく二つの要因があるようです。

ひとつ目は、原稿の内容です。

それが「どの分野のどういう種類の文書」なのかということです。

例えばですが、それが「金融・財務部門の財務・IR関係書類」であるとか、「情報サービス分野の仕様書」であるとかいう具合です。

僕の場合、「医療分野の研究論文」、いやどちらかというとエリア・マーケティングの話にも近いので「経営・経済分野の研究論文」というところでしょうか。

ふたつ目は、「希望仕上がりレベル」です。

これの確認を怠ると希望仕上がりレベルと納品物の間にズレが生じ、必要以上の出費を強いられるか「安物買いの銭失い」となってしまうようです。

もっとも、安心できる翻訳会社であればこちらから伝えなくとも質問してくれるそうです。

具体的には、必要ないくつかの情報を伝えれば、経験豊富な翻訳会社ならどの程度の仕上がりが必要かを判断して、希望の翻訳を制作する最適な道筋を導き出してもらえるようです。

この必要な情報の最初は”訳文の想定読者”です。

一般大衆向けなのか業界関係者、技術者、研究者、その分野の初心者なのかということですね。

ボクの場合、一応、(医療)業界関係者と言ったところかな?

次に必要なモノは”訳文の使用目的”です。

印刷物用なのか、ホームページ公開用、内容把握用、社内資料用などですね。

ボクの場合、これは概要(abstruct)なので、内容把握用ですね。

そして、最後が”訳出”です。

”訳出”というのは”ある言語で書かれた文章を、他の言語の同じ意味の文章に移し替えること。”という意味ですが、ここでは、その”移し替え方”の状態を意味しています。

訳し方が、読み易い意訳なのか、原文に忠実かつ正確な翻訳なのか、それとも大意がわかる程度なのか、などですね。

僕の場合は、やっぱり原文に忠実な正確な翻訳でしょうね。

これら二つの要因によって翻訳会社の訳文作成・推敲・校正の手間が大きく違いますから無駄なコストを抑えられる可能性があるようです。

これら以外の料金決定要因もいくつかあります。

それは”翻訳文字数(ボリューム)””緊急度”、そして”継続性”です。

ボリュームがあり、納期に余裕がある場合には自発的に値引きをしてくれる翻訳会社もあるそうです。

また、継続的な注文は見積り手続きなどを簡素化することができるのでやはり翻訳会社にとって好材料になります。

僕の場合は、文字数が約1000文字で、納期にやや余裕がありますが、継続性についてはまだ不明ですね。

いろいろな要因を確認しておくことも重要ですが、実際には、その翻訳会社が信頼できるかどうか、その分野の翻訳業務に慣れている感じか、希望翻訳が可能か否かよく見極める必要がありますね。

その為には、翻訳会社にどのような翻訳課程を予定しているかを尋ねておいた方が良いようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年12月 5日 (月)

翻訳会社探し…まずは1歩目

いま完成を目指している論文の提出タイムリミットを確認すると、「遅くとも平成24年1月末」と記載されています。

時間は十分にありますので、今回はジックリと構えて、準備をしてみようと思います。

ということで、論文の最初の部分である概要(abstruct)からです。

ここは、最初に学会に演題応募したときの抄録を英訳したモノで、後日、詳細抄録を書いた時に添付しているものです。

最初の英文抄録のときには、下関市在住の翻訳家の方にお願いして作成してもらいました。

2回目以降は、最初の英文抄録を参考に、僕が翻訳ソフトとインターネットの翻訳サイト、それに僕自身の拙い英語力を駆使して翻訳したモノです。

文面としては、それほどズレは無いとは思いますが、今回は論文として提出するので、模少しまともにしておこうと思いました。

前回の翻訳家の方にお願いする方法もありますが、医療が専門でなかったため、かなり苦労されたようですし、これからこのようなことが頻繁にありそうなので、翻訳会社に依頼しようと考えました。

まずは翻訳会社探しからですね。

Googleで「翻訳」「会社」「比較」と入力すると、いろいろな翻訳会社のサイトが並んでいます。

その中に”翻訳会社見積依頼サイト:55trans 翻訳会社検索&見積比較”というがあったので、さっそく覗いてみました。

20111204

ここは、翻訳会社選びのためのサイトでした。

このサイトでは、「言語」「分野」「メディア」「地域」の4つのポイントから依頼案件に対して最適な翻訳会社を検索し、該当する翻訳会社に対して見積り依頼ができるシステムが提供されています。

しかも利用はすべて無料のようです。

ここで、自分のニーズ(品質の高さ、取扱言語、専門性、実績、スピード、価格など)に合った最適な翻訳会社を見つけることから始めることにしました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年11月30日 (水)

今年のプレゼンは終了…そして、次は!

先週の鹿児島でのポスター発表とハイパーデモ発表で今年のプレゼン予定は終了です。

来年は1月下旬の愛媛での学会から始まります。

ということで、今年の残り1ヶ月間は論文作成…というか完成と投稿に充てることにしました。

論文作成と言っても、もともと春の学会で発表したモノですから、4ページ程度の抄録は作成しています。

その内容をもう一度吟味して、完成に持って行くということなるので、1ヶ月もあれば十分でしょう。

…などと言う予定を立ててみても、いつもの事ながら何が起こるか判らないなぁ。

まっ、そんなことを考えても仕方が無いので、兎に角、頑張ってみるしかないですね。

さて、今回の論文完成には、いくつか押さえておかないといけないことがあります。

ひとつは、論文概要の英文翻訳をもう少し厳密にしておくことです。

もうひとつは、表やグラフなどを見直すことです。

009kurushimi とりあえずは、やるべき事は判っているので、後は実際に始めることだけです。

うーん、この出だしさえクリアできれば、順調に進むのでしようが、ココが一番のポイントですね。

来年は、この難点を克服するように頑張ってみようかな…

今年と言わないところがミソかな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年11月29日 (火)

鹿児島最終日(11月23日)その2 来年は新潟

ポスターの撤去も終え、いよいよ今回の学会会場から離れることになりました。

20111129jcmi2012 次回のこの学会の開催は11月中旬に新潟であるとのことで、”焼酎”の次は”日本酒”などと学会以外のところでの楽しみも待っているようです。

ただ、この学会の春季大会が6月に函館であるので、まずはそちらに力を注ぐことになりそうです。

学会の会場から鹿児島中央駅に移動し、本格的に鹿児島を離れることにしました。

駅のコンコースを重い荷物を担いで歩き回り、職場へのお土産とお昼ご飯を探しました。

駅に着いた時には新幹線の出発まで40分近くありましたが、たまたま出会った川内市に住んで知り合いと立ち話になり、残り15分となってしまいました。

慌てて、手近に有った土産を買い、美味しそうな揚げたての薩摩揚げと鹿児島限定の焼酎を買って、新幹線に飛び乗り、まずはひと安心。

鹿児島中央駅を発車すると、ひと仕事が終わったとホッとした気分になり、急にお腹が空いてきました。

そこで、薩摩揚げを取り出し、焼酎をコップについで、ひとり乾杯です。

今回の学会で拾った新ネタの整理や1月の愛媛の学会への演題の応募など、やらなければならないことはありましたが、とりあえずはリラックスタイムです。

それにしても、揚げたての薩摩揚げ+限定焼酎の組み合わせは癖になりますね。

学会に参加したときにはいつも思いますが、この3日間の学会参加でも、見聞きした発表や議論を交わした人々とその内容は、これからの僕の勉強や研究にとって、とても有意義なものになりそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年11月28日 (月)

鹿児島最終日(11月23日)その1 今度は四国へ

この日は鹿児島での学会の最終日、残念ながら、朝から雨です。

雨が降ると、火山灰が一緒に降ってくると聞いていたので、傘無しの僕としては、バス通勤ではなくてタクシー通勤を選択しました。

会場には、早めに到着しましたが、自分の発表が終わったこともあり、かなり集中力が欠けています。

それでも、最後のひと頑張りと、午前中はハイパーデモとポスターの両会場を行ったり来たりしました。

ただ、最終日と言うことで、1日目2日目と違い、観客の数は随分少ないので、やや早めの店じまいということにしました。

まずハイパーデモの展示を片付けて、続いてポスター会場に向かいました。

ポスター会場に到着すると、既に半分以上のポスターが撤去されていました。

20111128uhim2012_2 自分のポスターの場所に行くと、ちょうど隣の発表者の方もご自分のポスターから押しピンを抜いているところでした。

今回の僕のポスター発表はGIS(地理情報システム)を題材としたモノでしたが、隣の方も同じくGIS関連のモノでした。

お互いに同じような題材でしたので、片付けをしながら結構話が弾みましたが、最後に来年早々四国で開催される学会での発表を誘われてしまいました。

演題の締め切りまで5日間しかありませんでしたが、自分の研究を今までとは違う観客に観てもらうのにちょうど良い機会なので応募することにしました。

後日談にはなりますが、締め切り日…実は今日28日の16時55分に何とか応募抄録を登録しました。

いつものことながら、何とか間に合うモノですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年11月26日 (土)

鹿児島2日目(11月22日)その3 立ち会いの連チャン

お昼の14時からポスター会場での2回目の立ち会いです。

前日同様、何人かの観客に興味を持って頂き、ダイジェスト版も順調に無くなっていっています。

そうこうするうちに予定の1時間が経過したので、改めてポスター会場を見て回ることにしました。

前日は初日でもあり、自分のポスター発表自体もあったので、他の発表者のポスターをジックリと見ていませんでした。

ということで、今日は余裕を持って、ポスター会場を眺めました。

002kiduki 発表の内容自体は僕のものとはかけ離れたものが多いのですが、方法や考え方で参考になるモノもあり、次回ネタにしてもよさそうなアイデアも頂きました。

結構時間が経つのも早く、ハイパーデモの立ち会い時間が迫ってきたので、急いでポスター会場を後にしました。

途中で企業展示がありましたが、なかなか興味を引くモノがないですね。

ハイパーデモの立ち会いでは、ポスターの時と違い、実際の機器を操作して、システムの動きを見せることができます。

そのため、より詳しく、そして判り易く説明することはできますが、逆に観客ひとりひとりへの対応時間が長くなり、ポスターほどは多くの観客に対応できません。

それでも、かなりの数の方たちと話ができたので、次回はもっと立ち会い時間を増やしてみようかな、と思いました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年11月25日 (金)

鹿児島2日目(11月22日)その2 ランチョンセミナーだぁ…

午前中は、ハイパーデモ会場(第1ホール)とポスター会場(第2ホール)との行ったり来たりではありますが、とても良く動き回りました。

P1001110 そうこうするうちにランチョンセミナーの時間です。

今日のランチも昨日と同じく黒豚ですが”鹿児島黒豚角煮ご飯・きびなご/さつま芋てんぷら・黒豚シューマイ”となっていました。

味は昨日のランチよりも油っぽくなく、やや美味しいと感じました。

でも、相変わらず野菜類が無いですね。

なんだかんだと言いながら、ランチを食べ終わった後は、午前中に昨日以上に動き回ったせいか、今までになく眠たくなってしまいました。

軽い疲労の上に、会場の暗さと暖かさが加わって、まるでお弁当に睡眠薬でも入っているかのような気分です。

それでも、前から3番目の席なので前半は何とか頑張っていましたが、終わりの方はほとんど夢うつつの状態でした。

講師の先生、ごめんなさい。

次回は後ろの方の席を確保するようにしますね

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧