« Google Maps API が有料化へ | トップページ | 翻訳発注に失敗しないポイント(1) »

2011年12月 5日 (月)

翻訳会社探し…まずは1歩目

いま完成を目指している論文の提出タイムリミットを確認すると、「遅くとも平成24年1月末」と記載されています。

時間は十分にありますので、今回はジックリと構えて、準備をしてみようと思います。

ということで、論文の最初の部分である概要(abstruct)からです。

ここは、最初に学会に演題応募したときの抄録を英訳したモノで、後日、詳細抄録を書いた時に添付しているものです。

最初の英文抄録のときには、下関市在住の翻訳家の方にお願いして作成してもらいました。

2回目以降は、最初の英文抄録を参考に、僕が翻訳ソフトとインターネットの翻訳サイト、それに僕自身の拙い英語力を駆使して翻訳したモノです。

文面としては、それほどズレは無いとは思いますが、今回は論文として提出するので、模少しまともにしておこうと思いました。

前回の翻訳家の方にお願いする方法もありますが、医療が専門でなかったため、かなり苦労されたようですし、これからこのようなことが頻繁にありそうなので、翻訳会社に依頼しようと考えました。

まずは翻訳会社探しからですね。

Googleで「翻訳」「会社」「比較」と入力すると、いろいろな翻訳会社のサイトが並んでいます。

その中に”翻訳会社見積依頼サイト:55trans 翻訳会社検索&見積比較”というがあったので、さっそく覗いてみました。

20111204

ここは、翻訳会社選びのためのサイトでした。

このサイトでは、「言語」「分野」「メディア」「地域」の4つのポイントから依頼案件に対して最適な翻訳会社を検索し、該当する翻訳会社に対して見積り依頼ができるシステムが提供されています。

しかも利用はすべて無料のようです。

ここで、自分のニーズ(品質の高さ、取扱言語、専門性、実績、スピード、価格など)に合った最適な翻訳会社を見つけることから始めることにしました。

|

« Google Maps API が有料化へ | トップページ | 翻訳発注に失敗しないポイント(1) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 翻訳会社探し…まずは1歩目:

« Google Maps API が有料化へ | トップページ | 翻訳発注に失敗しないポイント(1) »