« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »

2011年9月30日 (金)

後半戦の始まりです…では、準備を…

8月21日の発表で今年の前半の発表スケジュールが終わりました。

その後、やや焦りつつも9月9日締め切りの詳細論文の投稿もクリアしました。

あれから20日間、とりあえずは学会の件は頭から外して、本業を勤しんできました。

日は移り、明日から10月です。

今年も残すところ4分の1年、そろそろ後半戦の準備に入らないといけないようです。

後半戦は、10月下旬の学会で口演発表が1題とポスター発表が2題、11月上旬の学会でのポスター作成のサポートが2題、中旬が講演会が2題と口演サポートが2題、そして下旬の学会でのポスター発表とハイパーデモ発表が1題ずつとなっています。

10月11月の2ヶ月間で全部で5題の発表と2題の講演、そしてサポートが4題という状況です。

開催場所も高松、山口、広島、松江、鹿児島と中四国と九州だけで纏まっています。

ただ発表回数は前半戦と同じぐらいですが、2ヶ月間に集中するので、こちらの方がややハードかもしれないですね。

003hohoemi ということで、僕にしては珍しく10月に入ったら準備を始めようかな、と思っています。

時間を掛ければ直前にバタバタすることも無いし、完成度も上がるんだろうなぁ、と思いつつも、いつもは切羽詰まってからしか動いていませんでしたので、今回は少しは良いモノができるような気がしています。

まぁ、またいつものように…なんて恐れもありますけどね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月29日 (木)

カテゴリー新設”ゼロから始めるポスター発表”

自分で書いているブログではありますが、本人同様、話題がアチコチ飛んでまとまりがありません。

特にカテゴリー”プレゼン”に分類しているネタが多く、掲載している”ゼロから始めるポスター発表”が埋まり込んでしまっていました。

何とかこれを整理するために、(25)まで進んでいる”ゼロから始めるポスター発表”を別カテゴリーにしてみました。

これで少しは判りやすくなるかも…ですね。

ついでに”診療報酬について”も別カテゴリーにすると、もう少しはスッキリしそうですね。

後は何があるかなぁ…

いつものことではありますが、自分で書いていながら、自分で整理ができず、把握しきれていないのが情けないなぁ。
009kurushimi

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2011年9月28日 (水)

ゼロから始めるポスター発表(25) タイトルの印刷(5)A4版用紙 その1

これまでロール紙でのタイトルの印刷の説明をしてきましたが、ロール紙そのものやロール紙用のプリンタが用意できない場合には他の方法でタイトルを印刷する必要があります。

そのため、今度はA4版用紙を使ってのタイトル印刷について説明します。

まずタイトルの元データは、ロール紙の時と同じモノを使用します。

ロール紙での印刷の時には、プリンタをEPSON製のPM-3700Cで説明しましたが、今回のA4版用紙への印刷はCANON製のiP4800を使用して説明します。

A4版用紙へのタイトルの印刷にはプリンタのポスター印刷の機能を応用します。

まず、プリンタ名から「Canon iP4800 series」を選択します。
20110929a
次に[プロパティ]をクリックし、”基本設定”を選び、[用紙の種類]を「写真用紙 光沢」[印字品質]は「きれい」を選択します。
20110929c
続いて、”ページ設定”を選び、[用紙サイズ]を「A4」[印刷の向き]を「横」[ページレイアウト]で「ポスター」に設定します。

次に”詳細設定”で[画像の分割]を「9分割(3×3)」にし、[印刷範囲]を「ページ指定」て゜「1-3」にします。

20110929d

これでA4版用紙へのタイトル印刷のプリンタ側の準備は完了です。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2011年9月27日 (火)

診療報酬について(7) 健康保険について その5 保険外併用療養費

”健康保険”では、保険が適用されない保険外診療があると保険が適用される診療も含めて、医療費の全額が自己負担となります。

ただし、保険外診療を受ける場合でも、厚生労働大臣の定める「評価療養」「選定医療」については、保険診療との併用が認められています。
20110928b
この「評価療養」「選定医療」については通常の治療と共通する診察・検査・投薬・入院料等の部分の費用は、一般の保険診療と同様に扱われます。

そして、その部分については一部負担金を支払うこととなり、残りの額は「保険外併用療養費」として健康保険から給付が行われます。

また、被扶養者の「保険外併用療養費」にかかる給付は、家族療養費として給付が行われます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月26日 (月)

診療報酬について(6) 健康保険について その4 入院時食事療養費

”健康保険”の被保険者が病気やけがで保険医療機関に入院したときは、療養の給付とあわせて食事の給付が受けられます。

入院期間中の食事の費用は”健康保険”から支給される入院時食事療養費を入院患者が支払う標準負担額でまかなわれます。

20110927a_3

入院時食事療養費の額は、厚生労働大臣が定める基準にしたがって算出した額から平均的な家計における食事を勘案して厚生労働大臣が定める標準負担額を控除した額となっています。


入院時食事療養費は、療養費となっていますが、保険者が被保険者に代わって医療機関にその費用を直接支払うこととなっており(現物給付)、患者本人は標準負担額だけを支払うことになります。

標準負担額など食事療養に要した費用については、高額療養費の対象から除外されることとなっています。

通常のメニューにない特別の食事メニューを希望した場合は自己負担となります。

標準負担額は、平均的な家計の費用を勘案して厚生労働大臣が定めることとなっており、1日の標準負担額は、3食に相当する額が限度となっています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月25日 (日)

診療報酬について(5) 健康保険について その3 療養の給付

”健康保険”に加入することで、被保険者は業務以外の事由により病気やけがをしたときには、病院や診療所で治療を受けることができますが、これを療養の給付と言います。
                                               002kiduki_3
療養の給付の範囲は、                             
 a.病院や診療所での診察
 b.病院や診療所、そして調剤薬局での薬剤または治療材料の支給
 c.病院や診療所での処置・手術その他の治療
 d.在宅で療養する上での管理、その療養のための世話、その他の看護
 e.病院・診療所への入院、その療養のための世話、その他の看護
となっています。

診療報酬について(1)にも書きましたが、この療養の給付を受けられる病院や診療所、そして調剤薬局は地方厚生局長の指定を受けた保険医療機関でなければいけません。

また、療養の給付を受ける場合には、保険者から発行される被保険者証をこの保険医療機関に提示しなければなりません。

この提示を行うことによって、保険医療機関は療養の給付を受けようとする人が被保険者であることを確認し、医療費の請求時に一部負担割合分を請求します。

この提示が行われない場合には、医療費は全額自己負担となります。

余談ですが、業務中の病気やけがなどについては労働災害と言い、健康保険法ではなく、労働者災害補償保険法によりますので、ここでの説明とは違う取扱いとなります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月24日 (土)

診療報酬について(4) 健康保険について その2 負担割合

日本では「国民皆保険」として何らかの”健康保険”に加入することで、医療費の負担が全額ではなく、一定割合で済んでいます。

20110924a この一定割合は加入している”健康保険”に関わらず、被保険者の年齢や収入によって定められています。

例えば、就学後の児童から69歳までの被保険者は、その収入に関わらず、”健康保険”の一部負担金の割合は病院や診療所などで掛かった医療費の3割になります。

また、75歳以上で現役並み(標準報酬月額が28万円以上)の被保険者でも一部負担金のの割合は3割になります。

一部の市町村国保や組合国保などで、一部負担金の割合を引き下げているところがあるかもしれませんが、通常はこの表の負担割合となります。

もともと日本の医療費自体は諸外国の数分の1(「10分の1」と言われることもあります。)と言われていますし、「国民皆保険」により最大でも3割負担となっていますが、診療の内容によってはかなりの額になることもあります。

そのため、家計などの負担を軽減できるように、一定の金額(自己負担限度額)を超えた部分が払い戻される高額療養費制度がありますが、これはまた別の機会にお話をします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月23日 (金)

診療報酬について(3) 健康保険について その1 種類

前回述べたように、”保険診療”とは”健康保険”の適用が認められる診療の事を言います。

ということで”健康保険”についてもう少し詳しくお話をします。

”健康保険”というのは、日本の公的医療保険制度で、これに加入する被保険者が医療の必要な状態になったとき医療費を保険者が一部負担する制度を言います。

20110923a ”健康保険”は大きく3つに分けることが出来ます。

1つ目が被用者保険です。

職域保険の一つで、中小企業・大企業の従業員、船員、公務員を対象としています。

この保険の特徴は、保険料の中に事業主負担があることや給付金が国保より高くなっていることです。

この保険には、全国健康保険協会管掌健康保険(協会けんぽ)、組合管掌健康保険(組合健保) 、船員保険、それに国家公務員共済組合などの共済組合が含まれます。

2つ目が地域保険です。

この保険は、すべての個人事業主、政管健保の任意適用事業所とする認可を受けていない個人事業主の従業員、無職者が加入する国民健康保険のことです。

3つ目が後期高齢者医療制度です。

75歳以上の者と後期高齢者医療広域連合が認定した65歳以上の障害者を対象とする医療保険制度です。

また、これは”健康保険”ではないのですが、生活保護受給者のうち被用者保険の対象者でない者については、保険制度によらずに公的扶助制度により生活保護の一種として医療の提供が行われる生活保護(医療扶助)があります。

このように、日本では医療費の個人負担をある程度軽減する目的で「国民皆保険」と言われるように何らかの形で”健康保険”に加入するように定められています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月22日 (木)

診療報酬について(2) 保険診療について

診療報酬についての話を始めましたが、前回、”保険医療機関”=”保険診療を行う病院や診療所”と説明しました。

では、”保険診療”とは何でしょうか?

20110922a ”保険診療”とは”健康保険”の適用が認められる診療の事を言います。

この”保険診療”では、医療行為等の対価は診療報酬として定められた額となっています。

これに対して”健康保険”の適用が認められない診療を”自由診療”と言います。

”自由診療”には「保険で認められていない治療法(未認可の治療薬など)」や「医療が必要とされる状態とは言えないことに対する医療行為(通常の歯列矯正や美容整形など)」があります。

この”自由診療”では医療費は、診療報酬に既定されず、患者さんが全額を負担することになっています。

また”保険診療”において”自由診療”を併用することを”混合診療”と言いますが、これは原則として禁止されています。

そのため”混合診療”が行われた場合、通常であれば健康保険の適用となる医療行為についても全額が患者さんの負担となります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月21日 (水)

診療報酬について(1) 医療費と診療報酬

厚生労働省が今日開催した中央社会保険医療協議会診療報酬調査専門組織・DPC評価分科会で来年4月の診療報酬改定に向けたDPC(診断群分類)の新機能評価係数IIの議論がスタートしました。

ということで、今回から何回かに分けて、病院や診療所での医療費の支払い額に直接影響のある診療報酬についてのお話をします。

20110921a_2 まず、最初は病院や診療所で支払う医療費診療報酬との関連についてです。

まず、みなさんは左の図の”被保険者”にあたります。

”被保険者””保険者”に健康保険料の支払いを行い、健康保険証の発行を受けます。

”被保険者”は、その健康保険証を”保険医療機関(保険診療を行う病院や診療所)”に提示し、保険診療の提供を受け、その対価として医療費を支払います。

この医療費”保険医療機関”が診療の対価として請求できる診療報酬のうちの一定の割合(年齢や収入等によって決まる割合)であり、診療報酬の残りの部分は”保険者”に請求されます。

ですから、病院や診療所での窓口での支払金額は安くても、実際に病院の収入となる診療報酬は、その数倍になっているということです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月20日 (火)

久しぶりのオークション入札

スタートレックのプラモデルの置き場所で苦慮していたこともあり、また目新しいモノも出品されていないので、ここのところオークションへの入札は控えていました。

そうは言っても、Yahoo!オークションの出品アラートはセットしていたので、何かしら新しいモノのチェックはしていましたが、なかなか良さそうなモノが出てきませんね。

つい1週間ほど前、いつものようにYahoo!オークション・アラート・メールを開いて見ると、久しぶりに目新しいプラモデルが出品されているではありませんか。

20110920a さっそく詳細をチェックすると、5個ひと組の出品で、2個は既に持っているモノでしたが、残りが持っていないモノでした。

1000円の価格が付いてはいましたが、すぐに価格を上げて入札しました。

簡単に落札できるとは思いませんでしたが、競争が激しく、結構値がせり上がってしまいました。

結局、本日無事に5001円で落札はしましたが、送料込みで6000円を超えるモノになってしまいました。

落札して嬉しい反面、置き場所をどうしようかと、悩みも増えてしまっています。

うーん、そろそろダブっているモノでもオークションにでも出して始末しないと大変なことになりそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月19日 (月)

村尾、魔王、そして森伊蔵

今日は職場の人間の結婚式でした。

職種は違いますが、新郎新婦共に同じ職場なので、仕事場の人間ばかりの結婚式となっていました。

お昼前の披露宴でしたので、11時頃に式場に着くと、ちょうど家族の集合写真を撮っているところでした。

しばらくして写真撮影が終わり、撮影場から両家の家族が出てきましたが、新郎の父親が僕を見るなり駆け寄ってきて、ひと言。

「”どぶいた”さん、今日は乾杯の音頭をお願いしますね。それと、良い焼酎を用意しているので、元を取って帰って下さい。」

新郎の父親とは20年以上前からの知り合いでしたが、まさか息子が僕の職場に就職しようとはねぇ…

良い焼酎の言葉に期待しつつも、とりあえず披露宴会場に入り、席に着きます。

壁際を見ると、ドリンクコーナーがあり、そこの右端に1升便が並んでいました。

20110919a よくよく見るとそれは”村尾””魔王”、そして”森伊蔵”の3本です。

でも、さすがに写真は撮れないなぁ…

ワクワクしながらも、披露宴が始まり、新郎新婦の上司のスピーチも終わり、僕の乾杯の音頭の順番が来ました。

前日に文面を作って、大筋は覚えていましたが、幻の焼酎群をみて、そんなものはどこかに飛んで行ってしまっていました。

でも、何とかマイクの前であがらず、つまらずにしゃべれ、「かんぱ~い」でお役ご免です。

自分のシャンパングラスをテーブルに置いて、席にも座らず、そのままドリンクコーナーに直行です。

係の方に封の空いていない”森伊蔵”を指さして、「これを生地のままで!!」。

そしてロックグラスに半分まで注がれた”森伊蔵”を手に自分のテーブルに戻ってさっそく一口。

うーん、芋焼酎独特の香りと味わいが口いっぱいに広がり、至福の時です。

もう新郎新婦はどこへやらです。

それからは料理をつつきながら、”魔王””村尾””森伊蔵””魔王””村尾”と2順し、3順目の”森伊蔵”でどの一升瓶も空になってしまいました。

普通、結婚式ではビールが多くて苦手なのですが、今日はとても良い想いをさせてもらい、印象深い結婚式となりました。

まぁ、新郎新婦の衣装や友人たちのスピーチなどはほとんど見ても聞いてもいないのも事実ですけどね…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月18日 (日)

結婚式の乾杯のスピーチ

明日は、仕事場の人間の結婚式に呼ばれています。

その中で乾杯の音頭を取ってくれと頼まれました。

いつもは挨拶などを頼まれてもぶっつけ本番でしていましたが、今回は珍しく原稿を作ることにしました。

不思議なことに、その場では何とかしゃべれるのに、原稿を作るとなるとなかなか良い言葉が出てきません。

とは言いつつも、何とか完成しました。

ということで、ちょいとお披露目を…

「ただいまご紹介に預かりました○○○の”どぶいた”でございます。

はなはだ僭越ではございますが、ご指名を頂戴しましたので、乾杯の音頭をとらせて頂きます。

AA君、BBさん、ご結婚 おめでとうございます。

aa君とは 毎日 職場で 顔を合わせておりますが いつも何か新しいものを吸収しようと 意欲満々で 仕事をしている姿を目にしております。

また、何事にも真剣に取り組む姿勢も印象的ですし、話をしていても 自分自身の考えをシッカリと持っていることを 言葉の端々から感じることができます。

そして、何事か初めての新しいことに取り組んだ時でも、最初は戸惑いつつも 途中で挫折すること無く、最後まで確実にやり遂げてくれます。

結婚生活においても 初めは戸惑いもあるかも知れませんが、持ち前の 根気強さを生かして ぜひお二人 夫婦仲の良い 幸せな家庭を 築いてください。


それでは aa家 bb家 ご両家の 弥栄(いやさか)と ご臨席の皆様の ご健勝 何よりも お二人の 末永い幸せを祈念しまして 乾杯したいと思います。

声高らかに ご唱和ください。

かんぱーい!

ありがとうございました。」

009kurushimi
あとは本番で上手く言えるかどうかなぁ…

何だか妙に緊張しそうな気がしています。

学会での口演発表の方がよっぽど楽だよなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月17日 (土)

”地図”が届いた!!

GIS用のフリーソフトウェア「地理情報分析支援システム”MANDARA”」を勉強中ですが、その中で地図ファイルを準備する部分があり、数値地図の読み込み機能を使うことになりました。

この機能は国土地理院が作成している各種数値地図をこの”MANDARA”用の地図ファイルに変換することができます。

さっそく、マニュアル本に従って、国土地理院のホームページで無料で提供されている数値地図データをダウンロードしようとしました…

が、どこを探しても見当たりません。

改めて、”MANDARA”のサイトを見てみると、いろいろな情報と共にマニュアル本の改訂情報がありました。

これによると、国土交通省の数値地図の無料提供は2008年4月に終了し、あとは日本地図センターから発売されているものを購入するようになっています。

仕方なく、日本地図センターのサイトから”数値地図25000(空間データ基盤)[山口県全域版]”を申し込み、それが今日届きました。
20110911a_3
さっそく開けてみると簡単な説明書が1枚とCD-ROMが1枚入っています。

説明書を読みながらデータを解凍して見てみました。

うーん、やはりサンプルテータなどとは違って、いろいろな使い方が出来そうです。

まぁ、7500円もしたのですから、使えなかったら詐欺ですけどね。

とりあえずデータも手に入れたので、GISの次の段階へと向かいます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月16日 (金)

一刻者

”どぶいた”の独り言

と銘打ち、「スタートレック」「宗像教授」「お酒」「プレゼン」…と書きながら「お酒」の話題から遠ざかっていました。

ということで、久々ぶりの「お酒」についてです。

今日は居酒屋さんで焼酎をキープしました。

20110916a 名前は”一刻者”と書いて”いっこもん”と読みます。

この”一刻者(いっこもん)”とは、南九州の話し言葉で”頑固者”のことを言います。

「一刻者」は芋と芋麹だけでつくる、頑固なまで芋にこだわった芋100%の全量芋焼酎だそうです。

製造元の宝酒造が独自製法で実現した良質な芋麹を使って、芋本来の甘い香りとすっきりと上品な味わいとなっています。

口当たりも良く、オン・ザ・ロックで何杯でも飲めてしまいました。

ということで、せっかく自分専用に4合瓶をキープしたにも関わらず帰り際には空になってしまっていました。

うん?やっぱり飲み過ぎかなぁ…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月15日 (木)

Windows 8

20110915a Microsoft の次世代OS Windows8の機能概要が発表されましたね。

Windows8は幅広い種類のハードウェアで動作し、そのいずれでもスマートフォンやタブレット型端末などで一般的になったスクリーンにタッチする方法で操作できるそうです。

となると、タッチスクリーンではないハードウェアでは操作しにくいのかな、というツッコミを入れたくなります。

また、Windows8は複数のアプリケーションを協調して動作させることができ、Windows8を搭載したハードウェア間でファイルを同期できるように設計されているそうです。

ネットワークを意識しているのは判りますが、後半部はシングルユーザーの場合はほとんど意味が無いですね。

それ以上に、Windows7や前々作のXPは良いのですが、前作のVistaにしても、XPの前作のWindowsMeにしても、1つ毎に使えない駄作のOSになっているので、自作のWindows8も不安が多いですね。

僕自身はというと、発売時にWindows7Ultimateを購入してはいますが、特に何も問題も無いので、未だにデスクトップもノートブックもWindowsXPで動かしています。

XPのサポートが無くなる頃には既に8は出ていますが、その頃になってやっとWindows7に乗り換えるのかなぁ…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月14日 (水)

タイム・パラドックス4 in スタートレック

タイムパラドックスについて、図を書いて見ると少しは理解し易くなるのかな、と思い「タイムパラドックス in スタートレック」で述べた「ボーグはなぜ地球に向かってくるのか」を図にしてみました。

20110914a_3
これで一応、時間の流れ(途中で逆行していますが…)については判ると思います。

また、「ボーグが地球に向かってくる」原因が「北極でボーグ発見」後の亜空間メッセージの発信にありますが、その前に「ボーグスフィアの撃墜」があり、その元には「ボーグの地球再侵攻」があることも判りますね。

結局、いろいろな事象が”鶏が先か卵が先か”とグルグル回っていますよね。

これがタイム・パラドックスなんですが、少しは判り易くなったかなぁ…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月13日 (火)

タイム・パラドックス3 in スタートレック

久しぶりにスタートレックでのタイム・パラドックスのお話です。

スタートレックDS9(Deep Space Nine) の第104話”伝説の時空(Trial and Tribble-ations)”で宇宙ステーションDS9のシスコ司令官たちは時間の発光体(Orb of Time)の影響で24世紀から23世紀へとタイム・スリップしました。

たどり着いた場所は宇宙ステーションK-7の側で、初代U.S.S.エンタープライズ号と(伝説の)ジェイムズ・T・カーク艦長に遭遇することになります。

もともとTOSの第42話”新種クアドトリティケール(The Troubles with Tribbles)”のエピソードにも登場したクリンゴン人のアレン・ダーウィンが自分の過去の失敗を取り戻そうと、シスコ司令官らを巻き込んで、時間を遡ったことが原因でした。

結局は、シスコ司令官らの活躍でアレン・ダーウィンの陰謀は再び失敗してしまいます。

まぁ、失敗する度に、時間を遡ってやり直しができれば、これほど良いことはありませんが、時間の修復性というのがあるらしく、なかなか上手くはいかないようです。

ただ、この出来事で23世紀に絶滅したはずの”トリブル”という生き物が24世紀に繁殖してしまうということが起こってしまっています。

001gimon また、23世紀のアレン・ダーウィンが未来に於いて、再びトラブルを起こすことをシスコたち24世紀の人間が23世紀の人間に伝えられれば、再度のトラブルは避けられます。

ただし、そうするとシスコたちが23世紀に来る原因が無くなるので、やはりアレン・ダーウィンが24世紀に再びトラブルを起こすことになります。

うーん、やはり図でも書かないと訳がわからなくなりますね。

今度はタイム・パラドックスについて判り易い図か何かを書いてみますね。

余談ですが、連邦時間調査課のラクスリー氏曰く、「ジェイムズ・T・カークは17回の時間法違反を犯した最も前科の多い船長だ。」そうです。

やはり、いろいろな方面で、型破りで偉大な艦長だったんですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月12日 (月)

FOSS4G地理情報システム”Quantum GIS”

20110912a ”Quantum GIS”は既にご紹介した地理情報分析支援システム”MANDARA”マップ作成・閲覧フリーソフト”SuperMap Viewer”と同じく、フリーウェアの地理情報システムです。

このソフトウェアの特徴には、
 ・ソースコードが開示されていて無料で利用できる
 ・改造してもいい
 ・マルチプラットフォーム(Win、Mac,Linux)
 ・国際化されている
 ・プラグインによる機能拡張(多くのプラグインの存在)
 ・多様な形式のデータが利用可能
 ・コミュニティによる情報交換、サポート
などがあります。

また、Qauntum GISはFOSS4G(Free and Open Source Software for Geospatial) と呼ばれるソフトウェアの一つで、自由に入手,改良,再配布ができます。

つまり,使ってて気に入ったら他人にコピーを渡してもいいし、機能が足りないと思ったら、自分で改造してもいいというソフトウェアです。

ということで、元は英文ですが、日本語に訳された「Quantum GIS User Guide」もあります。

このソフトウェアも使ったことはありませんが、使い方の実例を聞いたことがあり、使えそうなソフトウェアだな、という印象を受けました。

これも一度使ってみようかなぁ…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月11日 (日)

マップ作成・閲覧フリーソフト”SuperMap Viewer”

20110911b GIS用のソフトウェアを探していた時に、地理情報分析支援システム”MANDARA”の次に見つけたのが、マップ作成・閲覧フリーソフト”SuperMap Viewer”です。

このフリーソフトウェアは、元々の製品版であるSuperMapのデータの表示・閲覧に加え、スタイルを変更して自分流のマップを作成、保存したり、地図データを解析したりするなど、地図データを自在に扱えるようにしたものだそうです。

基本的な機能としては、国土地理院発行数値地図などの地図データを読み込んでマップを作成でき、さらに、線の太さ、面の色、文字の大きさなどのスタイルを変更し、保存できるようです。

また、他社のGIS製品のデータやCADデータなどを読み込んでマップを表示したり、マップのスタイルを変更して、保存できるそうです。

更に、いろいろな解析機能があり、それを使って、例えば、「道路を幅xxメートルに拡幅する時、移転が必要になる建物はどれか?」「それぞれの店舗から一番近い広域避難所はどこか?」といった情報を、マップの上に表示できるそうです。

うーん、これも使えそうなソフトですし、テキスト本も出ているようですが、アレもコレもというわけにも行きませんので、まずは地理情報分析支援システム”MANDARA”をもう少し勉強してからですね。

それにしても、高価なGISソフトを買わなくても、フリーソフトでいろいろできそうですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月10日 (土)

地理情報分析支援システム”MANDARA”

今日はGIS(地理情報システム)で利用するソフトウェアのお話です。

ひとくちにGISと言っても、それで利用されるデータも表現される内容も様々です。

また、それに利用されているソフトウェアも高価なものから無料のものまでいろいろなものがあります。

実際、僕も地理情報の処理にはいくつかのソフトウェアを使用しています。

9月5日に紹介した”位置参照情報(大字・町丁目レベル)”のデータ処理と表示(視覚化)には Microsoft Excel を、大量の元データの集計には Microsoft Access を利用しています。

20110910a 最近、もう少し豊かな地図表現ができないかと、ネットを探していると、

地理情報分析支援システム”MANDARA”

というフリーソフトウェアのを見つけました。

このソフトウェアには、
 ・エクセル等の表計算ソフト上の地域統計データを地図化することに適している。
 ・中学生から教員・企業・研究者まで、幅広いユーザー層を持っている。
 ・地図を使って分析を行うさまざまな分野で利用されている。
 ・地図データについては、全国の市町村別の地図データが付属しているほか、白地図画像から自分で地図データを作成したり、シェープファイルや各種数値地図、国土数値情報からデータを取得することもできる。
 ・データの表示には、塗りつぶしや記号、グラフ、等値線など多様な表現方法が用意されており、誰でも簡単に統計地図を描くことができる。
などの特徴があり、結構使えそうな印象を受けました。

ということで、さっそくネットでマニュアル本を手に入れて読み始めたところですが、なかなか奥が深そうです。

うーん、使いこなせるのかなぁ…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月 9日 (金)

延長戦?!

”詳細論文の締め切りは2011年9月9日(金曜日)正午です。”

に対して、出来不出来は別にして、何とか原稿を間に合わせることができ、ホッとしていました。

まぁ、とりあえずは投稿しましたが、そうは言っても、ミスが有ってはと、ギリギリまで原稿の読み直しを行い、細かい修正していました。

20110909a そんな中、締め切り30分前に学会事務局から1本のメールが…

”詳細論文の締切:2011年9月14日(水曜日)正午
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 に延期することになりました。”

あっ…

締め切り期限の延期は、今回が初めてではないですし、演題募集の期限延長は日常茶飯事ですね。

いつもならば、最初の期限までに投稿したものを見直すことはほとんどないのですが、演題募集と違って、今回の詳細論文となると、既に学会発表が始まっているのと同じなので、この延長戦を利用して、珍しく見直してみよう、という気になっています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月 8日 (木)

やれば出来るものだなぁ…でも、やらないなぁ…

”詳細論文の締め切りは2011年9月9日(金曜日)正午です。”

で、少し焦り気味だった詳細論文の作成ですが、約12時間ちょっとを残して、とりあえず完成することができました。

20110908a_3 まだまだ見直す時間は十分にありますが、期限内であれば何回でもOKということで、11月に鹿児島で発表予定の2演題ともに詳細論文の投稿を行いました。

ひとまずは、これでひと安心です。

あとは、ひと寝入りして、明日の午前中にもう一度見直しをしてみようと思っています。

まぁ、それにしてもいつもの事ながら、何とかなるものですね。

この時間内でできるのであれば、時間を掛ければもっともっと良いモノができそうなものですが、そこはそれ、そう上手くはいかないものです。

これも本人の気持ちひとつでしょうが、ここら辺りが僕の限界かなぁ…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月 7日 (水)

日本の東西南北端点の経度と緯度

よく日本は南北に細長い国土を持つ国、という表現を使いますね。

ただ、日本の国土は大きな4つの島である北海道・本州・四国・九州だけではなく沖縄や奄美大島、伊豆七島など大小様々な島々から成り立っています。

それでは、実際に日本の国土の東端・西端・南端・北端はどこまでなのか?

ということで、ネットでアチコチ探して見つけました。

場所は、国土交通省・国土地理院のホームページの「GIS・国土情報」の中の「地理に関する情報」”日本の東西南北端の緯度・経度”という項目の中です。

20110907a_2 20110907b

これによると日本の東西は世界測地系で東経122度56分01秒から東経153度59分11秒の範囲で南北は北緯20度25分31秒から北緯45度33分28秒の範囲ということです。

あまりピンとは来ませんが、日本って結構広い範囲にあるんですね。

ちなみに、このデータの下の方に都道府県市区町村の東西南北端点の経度緯度のデータも掲載されています。

一度、自分の街の東端・西端・南端・北端を見ておくのも面白いかも知れないですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月 6日 (火)

”タイタニア”の続編は?

広大な宇宙に進出した人類は多数の星間国家を築いていましたが、その大半は実質的にタイタニア一族の支配下にありました。

星暦446年、宇宙都市国家エウリヤはある権益を巡るトラブルからタイタニアの攻撃を受けますが、のちに反タイタニア勢力の中心人物となるファン・ヒューリックの奇策で、意外にもこれを撃退してしまいます。

この戦いを機にタイタニアの覇権を快く思わない人々が動き始め、さらにはタイタニア内部の軋轢も絡んで銀河は激動の時代を迎えようとしていました。

そのような背景で、タイタニアと反タイタニアの戦いを描いたスペースオペラが僕の大好きな作家のひとりである田中芳樹氏の”タイタニア”です。

詳細論文書きの最中、気分転換に久しぶりに書棚から取り出しのがこの”タイタニア”でした。

20110906a 1988年に徳間書店から新書版のトクマノベルズとしてで第1巻”疾風編”が刊行され、1989年に第2巻”暴風編”、1991年に第3巻”旋風編”まで刊行されたところで中断し、未完となっています。

後にスクウェア・エニックス社EXノベルズから再刊され、さらに2008年9月からはアニメ放送と連動して講談社文庫にて新装版が刊行されています。

また2008年5月からは「月刊少年シリウス」で漫画版が連載されています。

これとは別に2008年10月から2009年3月までNHK-BSでテレビアニメが放送されました。

この時『衛星アニメ劇場』に田中芳樹氏がゲストで登場し、続編の執筆を宣言をしています。

…ですが、ここからが問題です。

続編執筆宣言から2年、そして昨年4月に書き始めたらしい、という話も聞こえては来ましたが、未だに続編刊行の気配もありません。

どうも田中芳樹氏は途中までは良い調子で書かれていますが、何となく失速してしまうものがあるようです。

面白い作品が多いので、是非書き続けて欲しいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月 5日 (月)

GIS用データのダウンロード・サービス

2011年8月6日の”プレゼンのネタ(1)GIS(地理情報システム)”でも紹介しましたが、GISを利用して地理上の位置に関する様々な情報を持ったデータに対していろいろな分析を行うことができます。

ただ、実際に分析などを行うとなると、データやソフトウェアが必要となります。

そんな中、僕がいま検討している地域分析の中で、地域メッシュ法を利用する為に、住所と経度緯度の関連データが必要となりました。

ネット上をいろいろと探し回って、行き着いたところが前述の”プレゼンのネタ”でも紹介している国土交通省国土制作局GISホームページです。

ここの「インターネットサービス」の[データ閲覧・ダウンロードサービス]の中に”位置参照情報(街区レベル、大字・町丁目レベル)ダウンロードサービス”というのがあります。

20110906a この”位置参照情報(大字・町丁目レベル)”というのは、市、町、村、区、の下の「大字」、「町丁目」、 「町字」を示す住所代表点と、その位置座標(緯度経度)を対応づけた情報のことです。

ここでダウンロードできるcsvデータには「○○県□□市△△町◇丁目は東経●●●度●●分●●秒・北緯■■度■■分■■秒」にあります、という情報が入っています。

ここに記載されている緯度経度は十進法で小数点以下第6位までの●●●.●●●●●●という形式になっていますから度分秒で計算する時には変換が必要ですが、このデータを利用することで、住所などを含む表や台帳データに位置座標(緯度経度等)を紐付けやGISで地図上に展開して空間的な分析をすることができるようになります。

同じところに”位置参照情報(街区レベル)”があり、こちらは「○○県□□市△△町◇丁目▽番までのデータに対応しているので”(大字・町丁目レベル)”よりも精度高い分類はできますが、全国の都市計画区域相当範囲のデータしか提供されていないので、使える範囲が限られ、広域の分析には向いていません。

ということで、僕はもっぱら”位置参照情報(大字・町丁目レベル)”を利用しています。

インターネットの中には、いろいろと有用なデータが有りますね。

要は探し方が大事なのでしょうね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月 4日 (日)

締め切りは金曜日!!あはは…

先月21日の学会発表で前半戦終了となり、学会モチベーションがかなり落ちています。

そうは言いながらもアレコレとデータ作成をしていましたが、”次回”についての意識がほとんど抜けていました。

そんな中、おとといの金曜日の懇親会で学会の話がチラホラと…

遠い席での話だったので、ほとんど気にも止めていませんでしたが、少しは頭の中に残っていたので、今日何気なく学会のホームページを開いて、唖然というか…大慌てしています。

009kurushimi 学会ホームページを見直してみると、Informationに
”詳細論文の締め切りは2011年9月9日(金曜日)正午です。”
とありました。

確かに前半戦終了時に少しは意識はしていたものの、いつものようにスッカリ忘れてしまっていました。

ということで、今日から金曜日の正午を目標にがむしゃらにひた走りの6日…いや5日間になりそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月 3日 (土)

チケットレス乗車

昨日も書いたように、昨日は初のチケトレス乗車に挑戦し、何にも問題なく新幹線の改札口を通過できました。

20110903a_3 左は、その時に改札口の切符取出口から出てきたEX-ICご利用票です。

もっとペラペラした紙かと思っていたら、切符と同じく結構厚みも有り、シッカリしていました。

自由席ではチェックはなかったですが、指定席に座っている時には、車掌さんの求めに応じて、これを提示する必要がありますから、無くさないようにしないといけないのが少し難点です。

ちなみに赤い印鑑が車掌さんのチェックの印です。

理想を言えば、列車内でもEX-ICカードの提示で済ませられれば楽なのでしょうが、いまのところは無理そうなので、これぐらいは仕方のないことでしょうね。

これが威力を発揮するのは改札から出るときですね。

これまでだと、新幹線の切符を出札口の切符入れに入れないといけなかったのが、EX-ICカードを翳すだけで、そのまま通り抜けられるのがとても便利で良いですね。

実際には行きの新大阪の駅でも、帰りの新下関の駅でもとてもスムーズに出札口を通れました。

以前、新幹線の切符をカッターの胸のポケットに入れていた時に、とても汗をかいたことがあります。

そのときに切符も少し湿ってしまい、出札口の機械の中に詰まってしまい、駅員さんに大迷惑を掛けたことのある僕としては、そのトラウマから解放された気分になりました。

20110903b_2 会合+懇親会のあと、帰りの新幹線でも改札に入るのもスムーズで何も問題もなくEX-ICご利用票が出てきました。

新幹線自体も台風の影響をほとんど受けず、3分程度の遅れで新下関に辿り着きました。

あと残された課題、というか、まだ試していないのが、在来線からの乗り継ぎなどでSuicaと一緒にEX-ICカードを翳してみることと、EX-ICカードだけで在来線乗り継ぎ口を通って在来線出口から出ることぐらいかなぁ。

前者はEX-ICカードの説明文を読んでできそうな気はしますが、後者は前回の岡山駅での失敗があるので、ちょっと躊躇はしますね。

でも、奇怪がれば一度試して見ようと思っています。

さて、どんな結果になるかな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月 2日 (金)

EX-ICカード乗車!!でも、台風直撃かも…

今回の台風12号、のろのろと北上しながら日本に近づいて来ています。

明日の早朝には四国に上陸しそうな雰囲気です。

そんな中、本日は大阪の吹田市までの会議出張で、先月21日に東京へ行って以来、半月ぶりの遠出です。

そして、初のチケットレス乗車(EX-ICカード乗車)に挑戦です。

まずは山陽新幹線の新下関駅に到着し、やや緊張気味に改札口のICカードセンサーにEX-ICカードをかざしました。

すると、切符の出口から”EX-ICご利用票”なるものが出力され、それを取って改札内に入りました。

EX-ICカードが認識されないとか、利用票が出ないとか、ゲートが開かないとか、などの問題もなくアッサリと関門通過です。

滑り出し順調ということで、今回の出張も順風満帆というところでしょうか?

20110902a_2 ただ、心配なのは帰りの状況です。

台風の進路が当初よりも極端に西寄りになっているため、近畿圏にもかなりの影響があるようです。

というか、ほとんど直撃ですね。

まあ、いまの速度だと明日の明け方に四国上陸という、今夜は何とか大丈夫と踏んで、懇親会にも出席するつもりでいますが、どうなるのかなぁ…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月 1日 (木)

ゼロから始めるポスター発表(24) タイトルの印刷(4)ロール紙 その3

前回、幅21cm×長さ80cmのマット・ロール紙に印刷した時の結果を載せ忘れていましたので、ここで載せておきます。
20110901b_2



黒枠が印刷用紙で赤枠がタイトルの大きさになります。

このうち赤枠は印字されませんので、物差しで測ってカッターナイフなどで切り離す必要があります。

ただ実際にポスターを貼る時に、タイトルにポスター本体を1cm重ねて貼ればタイトルの幅は20cmになるので、左右の余分な部分だけを切り取るだけでも良いでしょう。

20110901c_2 前回はマット・ロール紙を使用しましたが、やはり光沢のある用紙が良い場合は、エプソンのA3ノビ版写真用紙・ロール紙を使います。

この用紙も最初に80cmほど切り取って、前回同様、先端の反りを真っ直ぐに伸ばすようにしてください。

プリンタの設定は前回と途中までは同じですが、「ユーザー定義サイズ」は用紙幅を「3920」(0.01センチ) にします。
20110901a
これで幅32.9cm×長さ80cmの用紙に印刷すると下図のようになります。
20110901d
ただ、これでは4辺全てを切り離す必要がありますので、前回と設定と同じく、「ユーザー定義サイズ」を用紙幅「2100」(0.01センチ)、用紙長さ「8000」(0.01センチ)にすると、印刷結果は下図のようになり、切り離しが3辺で済みます。
20110901e
この他、少し手間はかかりますが、最初からA3ノビ・写真用紙ロール紙を20cm幅に切ってから印刷すれば、後が楽ですね。
20110901f
つなぎ目の無いタイトルを作る場合、A4版マット・ロール紙を使って手間を省くか、少し手間を掛けても光沢のあるA3ノビ版写真用紙・ロール紙にするかは、ご自分で判断してください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »